Propellerhead『ReCycle』の便利さを語る

その昔、画期的なスライスループ音声素材制作ソフトが登場しました。Propellerheadの『ReCycle』です。

▶︎ Recycle: drum loop software – sample slicing | Propellerhead

これは簡単に説明すると、ドラムトラックなどの音声素材を、自動的にアタック部分で分割してくれて、その分割した音をサンプラーに転送してくれるソフトなのですね。

Propellerhead ReCycle

今でこそこの分割機能は様々なソフトに搭載されているので、それほど珍しくはありません。実際、Propellerhead社も現在は『ReCycle』にはあまり力を入れておらず、アップデートする気がそれほどないようです。(^^;)

しかし、自分の楽曲制作では『ReCycle』はほぼ欠かせないソフトなのです!ってか未だに使ってるの自分だけですかね?(汗)

用途としてはブレイクビーツの分割は勿論なのですが、実は「リリースを付加する機能」を結構多用するのです。

具体的にどういう事か説明します。

例えば上の画像のようなドラム素材の場合、左から4スライス目の音がオープンハイハットの音なのですが、この音だけ欲しいとします。

それを抜き出した結果はこうなります。

Propellerhead ReCycle

当然、音の終わりがスパッと切れてしまうのですね。

しかし!ここからが『ReCycle』の使える部分です。「Envelope」パラメータをオンにして、「Stretch」を100%にして書き出します。で、そのファイルを読み込んでみると・・・

Propellerhead ReCycle

おお、素晴らしい!リリースが加わってる!!これでシングルショットとして使える音になりました。

これがあるから『ReCycle』を愛用しているのですね。他のソフトでこの機能は、自分が知る限りではないような気が・・・。

自分の作風だとバンド系のトラックはあまり作らないので、ドラムは『BFD』のような音源を使う事がほとんどないです。主にシングルショット素材や、ループ素材集の中から、単音を抜き出して使う事が多いです。なのでこの機能は欠かせません!

もちろんリリース付加はキックでもスネアでも何でも使えます。

リリースを加える仕組みとしては、音の終わりの部分をフォワードとリバースで交互に再生させ、それをフェードアウトしてリリースを作っています。なので、音程の変化する素材は不自然なリリースが付いてしまいます。けどタイムストレッチのように、音質の劣化はないのですね。

もちろん合成で作ったリリース音なので、リアルな音には敵いませんが、オケに混ざればほぼ気にならないです。

 
ということで、こんな素晴らしいソフトなので、お願いだからPropellerhead社はもう少し『ReCycle』に力を入れてほしいです。(^^;)

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ

コメント

  1. 夢幻キリコ より:

    8割方理解できませんでしたが、とにかくすごいということはわかります(^_^;)
    そういえばMitchieさんは、こういう創作のお話とかって他のボカロPさんとされますか?

  2. あゆみ より:

    お疲れ様です
    切り出した音でビートメイキング、
    その音で、DJ 活動してください!
    (切望)
    お願い致します
    (けっこうアゲてくれそう!)