「初音ミクシンフォニー2017」告知動画の「未来序曲」で使用した音源を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

一昨日投稿し、お陰様で5万再生を超えた「初音ミクシンフォニー2017」の告知動画。

この中で流れる「未来序曲」の制作で使用した音源を紹介したいと思います。

さすがにコンサート前にフルオーケストラで録音するわけにはいかないので、これは打ち込み音源で制作されてます。(^^;)

けど作る側としては細かい各楽器のバランスが取れたり、理想的な曲の完成形を提示できるので、生音には及ばないもののこれはこれで良い面がありますね。

VIENNA SYMPHONIC LIBRARY

そこでなるべく生音に近い表現ができるオーケストラ音源として愛用してるのが、「VIENNA SYMPHONIC LIBRARY」です!

▶︎ VIENNA SYMPHONIC LIBRARY | SONICWIRE

オケは9割以上この音源を使って制作しました。

自分はこのシリーズの「VIENNA SPECIAL EDITION」という、オーケストラ楽器が一式揃った音源をメインに使ってます。

▶︎ ソフトウェア音源 「VIENNA SPECIAL EDITION VOL. 1」 | SONICWIRE

▶︎ ソフトウェア音源 「VIENNA SPECIAL EDITION VOL. 2」 | SONICWIRE

「VIENNA SPECIAL EDITION」にはVol.1とVol2があり、両方をインストールしてます。

 
で、これを専用プレイバック・エンジン「VIENNA INSTRUMENTS PRO 2」を使って音源を鳴らしてます。

vienna instruments pro

▶︎ ソフトウェア音源 「VIENNA INSTRUMENTS PRO 2」 | SONICWIRE

このソフトを使うと、タイムストレッチを使ってアタックなどを縮めたり、ピッチにランダムな生っぽい変化を加えられます。これにより付属のプレイバック・エンジンより高度な表現可能。

 
ちなみに、昨年の告知動画でも同じ音源を使いました。

けどその後、白猫プロジェクト×初音ミクのコラボ曲「Stand Up!」でハープ音源「Hap 1」を導入したので、それを今回使用。あまり目立ってませんが(汗)

▶︎ Harp 1 – Vienna Symphonic Library

「Hap 1」のフルライブラリーは、グリッサンドが各キーごとに収録されてたり、「Special Edition」に収録されてるものとは表現力が格段に違いましたね。

 
で、今回もう少しドラム(スネア)をリアルにしたかったので、「DRUMS & TOMS」のフルライブラリを導入。

▶︎ Drums & Toms – Vienna Symphonic Library

スネアは結構目立ってるので、昨年の告知動画と聴き比べてみると良いかも。作ってる人にしかわからないか・・・?(^^;)

まとめ

ということで、今回も「VIENNA SYMPHONIC LIBRARY」にお世話になったわけですが、この音源は比較的オンマイクで収録されているので、リバーブを使って自由に空間を作りやすいのが良いです!

決してベタ打ちでリアルに鳴ってくれる音源ではないのですが、細かく打ち込めば打ち込むほどリアルに鳴ってくれるそんな音源です。

 
Mitchie M のコメント:

 

管弦楽法の本を読むよりも、この音源で音を聴く方が勉強になる場合もあります。(^^;)

 

▼ その他の「VIENNA SYMPHONIC LIBRARY」関連の記事

VIENNA INSTRUMENTSのベロシティクロスフェードで音色を作る
オーケストラ音源『Vienna Special Edition』は、フルライブラリに比べ音源の容量が少ないので、同じ楽器の同じ音程の音でも、...
VSLはSTANDARDライブラリを購入するとEXTENDEDライブラリが一緒にインスコされる
先月、VIENNA SYMPHONIC LIBRARY(VSL)の「CHAMBER STRINGS 1」を導入しました。 Vienna Sy...
VIENNA INSTRUMENTSでストリングスのアタックを強調する方法
私の愛用している、オーケストラ音源の『VIENNA INSTRUMENTS』 VIENNA SYMPHONIC LIBRARY | SONI...
口笛をソフト音源化したVienna Whistlerの音がリアルすぎ!
自分の楽曲で口笛の音が欲しい場合は、今までは自分で吹いて録音してました。けど今作ってる曲で、どうしてもビブラートをかけた口笛の音が必要だった...
VIENNA INSTRUMENTS PRO 2を導入。エンベロープ・タイムストレッチ機能が便利!
 愛用しているオーケストラ音源『VIENNA INSTRUMENTS』。先日、そのシリーズ専用の高機能プレイバックエンジン『VIENNA I...

【著者:Mitchie M @_MitchieM

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ

コメント

  1. 夢幻キリコ より:

    確かに、楽典読み込むよりも生演奏聴いた方が勉強になったりしますからねぇ。
    でもオーケストラの音源ってすごいですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

facebookアカウントでコメント


Google+アカウントでコメント