Logic ProのUltrabeatでドラムのアタック音を補強する方法

音楽制作では便利なので良く使う Logic ProのUltrabeat

logic pro ultrabeat 音作り

Ultrabeatはドラムの音作をするには機能が充実しているので、ドラム関係はできるだけこれで読み込むようにしてます。

そこで今回は、Ultrabeatのノイズジェネレータを使って、ドラムのアタックを補強する方法をご紹介したいと思います。

これは「気に入った音のドラムサンプルがあるけどアタックの音が弱い」または「オケに埋もれてキックのアタックが聴こえなくなった」という場合に有効な技です。

以下例ではキック(バスドラ)の補強をしてみますが、使い方さえわかれば、他の打楽器でも応用可能なので、参考にして頂けたら幸いです。

Ultrabeatのノイズジェネレータを使ってドラムのアタックを補強する

まず最初に、ドラムサンプルを読み込みます。今回は波形を見てもわかりやすいようにTR-909のキックの音を使用。

オシレータ(osc2)に、サンプルのTR-909のキックのwavファイルを読み込みます。

logic pro ultrabeat 音作り

次に、Ultrabeatのノイズジェネレータを使用。noiseオシレータをオンにします。

logic pro ultrabeat 音作り

で、フィルターモードは「BP(バンドパス)」、モジュレーション(mod)はここでは「エンベロープ2(Env2)」にアサイン。

ノイズ周波数のノブは、説明しにくいので画像のように設定してください(汗)。要するにEnv2に合わせて、ノイズ周波数が下がっていく設定です。

次に、ノイズオシレータのボリュームもエンベロープ2にアサイン。これで音量がEnv2に合わせて減衰していきます。

logic pro ultrabeat 音作り

ここで、ノブの音量の最大値はサンプルの音との兼ね合いになるので、サンプルのwavとノイズ音を混ぜて聴いてみて決定してください。

そして、エンベロープ2の設定はこんな感じです。

logic pro ultrabeat 音作り

20msとかなり短いです。この超短い時間のノイズを混ぜることによって、アタックを付加するのですね。

けどいきなりこの数値で始めると、ノイズ音が短すぎてどんな音なのかわかりにくいです。なので、もっと長い時間から音を聴きながら徐々に縮めていくといいでしょう。

次はフィルターセクション。フィルターはオフで、ディストーションを「crush」モードで使用します。

logic pro ultrabeat 音作り

各値は画像のような感じです。ここは好みで調節してください。ホワイトノイズの音がちょっと丸まって、ドラムのアタックっぽい音に変化します。

で、最後に画面全体を見るとこうなりました。

logic pro ultrabeat 音作り

では、キックの波形が実際どう変わったのか見比べてみましょう。

まずはTR-909のキックのwavファイルそのまま。

tr-909 waveform

頭にほんの少しアタックのノイズがあって、あとはサイン 波に近いです。これだとアタックは、音数の多いオケでは埋もれてしまいがちです。

次はUltrabeatでアタックにノイズを加えた波形がこちら。

logic pro ultrabeat 音作り

2波長分くらいノイズが加わっているのがわかるか思います。これによって頭の部分のアタックが目立つようになりました!

 
ということで、このようにノイズジェネレータは、ドラムのアタックを補強するのに使えます。

加えるノイズの量や音の加減は、混ぜるサンプルの音次第なので、パラメータをいじって色々と試してみてください。

 
Mitchie M の最後に一言:

 

ドラムの音作りは奥が深いので、また機会があれば記事を書きたいと思います。

 

【著者:Mitchie M @_MitchieM

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ