Logic Pro新音源「Studio Horns」「Studio Strings」でのDynamics via CC活用方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

Logic Pro 10.4で新たに追加となった音源「Studio Horns」と「Studio Strings」では、一つのノート上で音の強さを変えることのできる「Dynamics via CC」というパラメータが装備されています。

studio hornsStudio Strings

このパラメータ、デフォルトでは「OFF」になってますが、「ON」にすることで、コントロールチェンジ(以下 CC)を使って、音の強さを変えることが可能になります。

この機能、主にどんな場面で使用するかというと「フォルテピアノクレッシェンド」という奏法を打ち込む時でしょうか。この奏法は1つの音の中で強さが大きく変わるので、ダイナミクスをCCで操作した方がリアルな音が出せます。

一応音源には「Expressive ○○」という「フォルテピアノクレッシェンド」のサンプルも用意されているます。けど音の変化する時間が固定されているので、自分の好きな長さでこの奏法の音を出すにはDynamics via CCを使うのが適してます。

Dynamics via CCの使用方法

では、Dynamics via CCを使って「フォルテピアノクレッシェンド」を打ち込む方法を紹介します。

まずは音源の「Dynamics via CC」をオンにします。

Dynamics via CC

そして画面一番下の拡張パラメータを開いて、「Dynamics Controller」という項目で、操作するCCナンバーを選びます。個人的にCCの4番をよく利用するので、「4 – Foot Control」を選択。

スクリーンショット 2018 02 10 21 42 24

そしてその下の「Dynamics Controller Mode」という項目については、「Controller (Absolute)」を選択しました。これにより、音の強さは打ち込んだベロシティに関係なく、CCの値が適用されます。

ちなみに、「Dynamics Controller Mode」には「Velocity & Controller(Catch)」と「Velocity & Controller(Relative)」という、ベロシティとCCの値の両方によって音の強さをコントロールできるものもありますが、その詳細はAppleの公式サイトをご覧ください。

▶︎ Studio Horns の拡張パラメータ – Logic Pro X

で、実際に打ち込んでみたデータがこちらです。

Dynamics via CC

バリトン・サックスで作ってみました。ノートのアーティキュレーションは「Sustain」を選択してます

打ち込んでみた音の傾向としては、CCの値が0でもそこそこ音量があります。なのでCCの値を結構下げても大丈夫です。場合によってはボリュームと一緒に打ち込むと良いかも知れません。それ以外は良好な音の変化が得られました。

なお、「フォルテピアノクレッシェンド」の打ち込み方については別記事をご覧ください。

打ち込みでフォルテピアノクレッシェンドのロングトーンを綺麗に鳴らす方法
特にブラスの打ち込みでは必須とも言える奏法の「フォルテピアノクレッシェンド」。擬音で表現すると「ファーァァアアン」ってやつです。ブラスに限ら...

最後に

この機能は、オーケストラ音源「Vienna Instruments」でいう「ベロシティ・クロスフェード」という機能に相当します。それがLogic Proのブラスとストリングス音源で標準搭載されたのは大きいですね。今後フルートなどの木管楽器も出ることを期待したいです!

 
Mitchie M のコメント:

 

Logic Pro付属音源、今回のアップデートは結構充実してます!

 

▼ その他のLogic Pro関連の記事

Logic Pro新音源「Studio Horns」「Studio Strings」のアーティキュレーションの変更方法
Logic Pro 10.4で新たに追加となった音源「Studio Horns」と「Studio Strings」。 つい先ほどこの音源...
Logic Proに新搭載されたVintage EQの音の傾向を調べてみた
先日のLogic Pro 10.4アップデートで新たに追加された3つのVintage EQ、「Vintage Console EQ」「Vin...
Logic Pro X 10.4が登場!新追加プラグインが充実!!
先日、私が愛用してるDAWソフト「Logic Pro X 」バージョン10.4のアップデートのアナウンスがあったので、早速最新版に更新してみ...
Logic Pro付属「Rotor Cabinet」をボーカルにかけて60年代感を演出
Logic Proには、ロータリースピーカーで鳴らした音を得られるエフェクトプラグイン「Rotor Cabinet」が付属してます。 ロー...
Logic Proの「MIDIトランスフォーム」で人間っぽいタイミングのズレを加える
AppleのDAWソフトLogic Proには「MIDIトランスフォーム機能」という、MIDIデータを指定した条件によって変換できる機能があ...
トラック制作とボーカルミックスのファイルを分けて作業するメリット
自分は楽曲制作のとき、トラックメイキングとボーカルミックスのファイルは分けて作ってます。 ロックバンド形態のようなトラックが少ない場合は分け...

【著者:Mitchie M @_MitchieM

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ

コメント

  1. 夢幻キリコ より:

    こういう機能でより生音に近づいていくのでしょうね。
    まぁすでに素人では違いがわからないレベルなんですが(^_^;)
    バリサク好きです(*^_^*)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

facebookアカウントでコメント


Google+アカウントでコメント