Logic Pro純正コンプレッサーの倍音の付き方を知って、音作りに活用しよう

Logic Proの純正コンプレッサー(Compressor)に限らずですが、コンプは音を抑えるだけでなく、コンプした 際に倍音が加わることで音が太くなります。基本的にはアタック、リリースが速めだと倍音の付き方も大きいです。

そこで今回、Logic Pro付属コンプレッサーの倍音の付き方を、エミュレートされたサーキット回路別(7種類)で検証し、その結果を紹介したいと思います。

 と、その前にテストトーンの設定です。

Logic Pro コンプ 倍音

「Test Oscillator」で、1kHzのサイン波を-2dBで出力します。これをスペアナで見るとこうなります。

Logic Pro コンプ 倍音

1kHz以外に音は何もありません。

これを踏まえて、この音をコンプした時にどういう倍音が付くのかを、スペアナで見てみます。

Platinum Digital

まずは「Platinum Digital」でやってみます。

Logic Pro コンプ platinum digital

設定は以後、他のサーキット回路でも、レシオ最大アタック0.5msリリース 5msで、約10dBリダクションした場合を見ていきます。リダクションした分はMake Upでブーストします。

では見てみましょう。こんな感じです。

Logic Pro コンプ 倍音

あれ、倍音が付いてませんね・・・。実は「Platinum Digital」はほぼ倍音が付きません。

けど、かなり小さい音量では付いてるのがわかります。-100dBまで見えるようにすると・・・

Logic Pro コンプ 倍音

3kHzあたりにありますね。けど聴感上ほとんどわからないレベルです。

なので、「Platinum Digital」は倍音が付かないと思ってもらっていいでしょう。

Studio VCA

同様の設定で「Studio VCA」を見てみます。

Logic Pro コンプ compressor 倍音

今度は倍音が付きました!

Logic Pro コンプ compressor 倍音

比較的大人しめな倍音の付き方なので、これなら原音が崩れず音が前に出るでしょう。

念のため下の方も見てみます。聴感上あまりわからないと思いますが、こんな感じです。

Logic Pro コンプ compressor 倍音

Studio FET

次は「Studio FET」です。

Logic Pro コンプ compressor 倍音

こんな感じになりました。

Logic Pro コンプ compressor 倍音

「Studio VCA」とほぼ同じですね。

Logic Pro コンプ compressor 倍音

下の方を見てみると、こちらも「Studio VCA」それほど変わりません。

なので、「Studio」系はほぼ同じ倍音の付き方だと言えます。

Classic VCA

次は「Classic VCA」です。こちらは他のと違って、アタックとリリースが設定できません。

Logic Pro コンプ compressor 倍音

で、倍音はというと、

Logic Pro コンプ compressor 倍音

ないですね・・・。小さい音量が見えるようにスケールを変えると・・・

Logic Pro コンプ compressor 倍音

3kHzにありました!けど-75dBなので、聴感上あまりわからないかと・・・。

なので「Classic VCA」は倍音が付かないと考えてもらっても良いかと思います。

Vintage VCA

続いて「Vintage VCA」です。

Logic Pro コンプ compressor 倍音

倍音の付き方はこうなりました。

Logic Pro コンプ compressor 倍音

他と比べるとかなり派手に付いてます。

音量の小さい方では・・・

Logic Pro コンプ compressor 倍音

100Hzとか低い方まで付加されてますね!

あと「Vintage」系のサーキット回路は注意点があって、アタックを0msに設定すると、ノイズっぽい音が乗ります。こちら。

Logic Pro コンプ compressor 倍音

これはドラムのアタックの勢いを出すには良いかもしれませんが、あまり原音を汚したくない場合には注意が必要ですね。

Vintage FET

次は「Vintage FET」です。

Logic Pro コンプ compressor 倍音

結果はこうなりました。

Logic Pro コンプ compressor 倍音

「Vintage VCA」とほぼ似てますね。

Logic Pro コンプ compressor 倍音

「Vintage」系は倍音の付き方がだいたい同じと思ってもらっていいでしょう。

ただ、ゼロアタックの場合は少しだけ音が違います。

Logic Pro コンプ compressor 倍音

「Vintage FET」の方が、ノイジーさは若干弱い印象です。

Vintage Opt

「Vintage Opt」は他のサーキット回路とはかなり音の傾向が違います。設定によって音が変わってくるので、「Vintage Opt」だけアタックは2msでテストしました。

Logic Pro コンプ compressor 倍音

こんな感じです。

Logic Pro コンプ compressor 倍音

多少バリバリした感じがあるのですが、これが結構リアルなビンテージ・コンプの音聴こえるのですよね!

Logic Pro コンプ compressor 倍音

「Vintage Opt」は音量の細かいコントロールには向いてないですが、音が複雑に変化するので、音作りにはかなり活用できると思います。コンプのかかり方も他と違い、独特で気持ちの良い音です。

まとめ

以上7種類を見てみたわけですが、分類してみると以下のような感じになります。

  • 倍音がほぼ付かない系: Platinum Digital、Classic VCA
  • Stuido系(ナチュラルな倍音): Stuido VCA、Studio FET
  • Vintage系(派手な倍音): Vintage VCA、Vintage FET
  • Opt系(独特な倍音): Vintage Opt

これを踏まえれば、その楽器にどのコンプが適してるのか、サーキット回路タイプを選ぶ際の参考になると思います。

 
Mitchie M の最後に一言:

 

今度はサーキット回路別で、コンプのかかり方の違いの比較記事を書いてみようかな・・・

 

▼ 他にもCompressorのこんな記事を書いてます。

Logic Pro純正コンプの音の傾向を波形で比較検証してみた

Logic Pro純正コンプレッサーの使い分け方をサーキットタイプ別で解説

Logic Pro付属コンプレッサーはどれを使えば良いか?一番使えるコンプはこれ!

Logic Pro付属コンプレッサーの「DISTORTION」を音を太くするエフェクターとして使う

Logic Pro付属コンプレッサーのDISTORTIONパラメータを詳しく解説

Logic Pro付属コンプレッサーの「Limiter」パラメータを詳しく解説

Logic Pro コンプレッサーのサイドチェイン機能と使い方を解説

【著者:Mitchie M @_MitchieM

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ

コメント

  1. あゆみ より:

    お疲れ様です
    スペアナだとわかりやすいですね
    Vintage Optはどんな感じか聞いてみたくなります
    自分はあれこれいじり過ぎて沼にはまってしまいますw
    とてもプロにはなれません