Logic Pro新音源「Studio Horns」「Studio Strings」のアーティキュレーションの変更方法

Logic Pro 10.4で新たに追加となった音源「Studio Horns」と「Studio Strings」。

studio horns

Studio Strings

つい先ほどこの音源を使ってみたのですが、打ち込みでアーティキュレーション(奏法)を変える方法がわからなくて無駄に時間を消費しました・・・。orz

で、ようやくその方法がわかったので、この記事に書いておきます。

アーティキュレーションを変更する方法

プラグインの画面から変更する場合は、画面一番上の「アーティキュレーション:」という項目を選択すれば音を変えられます。

stuio horns

MIDIキーボードなどを弾くと、その選択したアーティキュレーションの音が鳴ります。

けど、問題は打ち込みの時です。打ち込みではここで選択したアーティキュレーションの音が鳴るわけではないのですね。

なので、キースイッチでアーティキュレーションを切り替えるのかと思ったら、キースイッチが動作しないのです・・・。

で、調べたところ、Logic Proではノートを右クリック(control + クリック)するとアーティキュレーションを選択できることがわかりました。

アーティキュレーション

上の画像のように、右クリックで表示されたメニューの「アーティキュレーション」から選択できます。

キースイッチ方式だと、どのキーがどのアーティキュレーションか忘れてしまうので、これは楽かも。

こんな感じで一つ一つのノートにアーティキュレーションを設定して行けば良いようです。

あと、トラックインスペクタの「アーティキュレーション」から、音源で設定した楽器を選ぶと、ピアノロール画面の左にアーティキュレーションの選択項目が表示されるので、そこから変更する方法もあります。

スクリーンショット 2018 02 08 21 50 07

上の画像のようにトラックインスペクタの「アーティキュレーション」から楽器を選んだら、ピアノロールの左に「アーティキュレーション」の選択項目が表示されました。

アーティキュレーション logic pro

ここからノートのアーティキュレーションを選べます。

まとめ

こんな感じで「Studio Horns」「Studio Strings」の各楽器のアーティキュレーションを変更できます。

ただ初めてこの音源を触る場合、ちょっとわかりづらいですね・・・。できれば音源を選択した時点で自動的にピアノロールの左にアーティキュレーションの選択項目は表示してもらいたいものです。

あとキースイッチができるのかは最後までわかりませんでした・・・(汗)

 

Mitchie M のコメント:

 

新しい機能を使いこなすのは大変です・・・

 

▼ その他のLogic Pro関連の記事

先日のLogic Pro 10.4アップデートで新たに追加された3つのVintage EQ、「Vintage Console EQ」「Vin...
先日、私が愛用してるDAWソフト「Logic Pro X 」バージョン10.4のアップデートのアナウンスがあったので、早速最新版に更新してみ...
Logic Proには、ロータリースピーカーで鳴らした音を得られるエフェクトプラグイン「Rotor Cabinet」が付属してます。 ...
AppleのDAWソフトLogic Proには「MIDIトランスフォーム機能」という、MIDIデータを指定した条件によって変換できる機能があ...
自分は楽曲制作のとき、トラックメイキングとボーカルミックスのファイルは分けて作ってます。 ロックバンド形態のようなトラックが少ない場合は分...
DAWソフト Apple「Logic Pro」には、低分解能デジタル・ディストーション・エフェクトの「Bitcrusher」(ビットクラッシ...

【著者:Mitchie M @_MitchieM

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ

コメント

  1. 夢幻キリコ より:

    こ、これはかなり面倒な作業ですね…
    一発で気に入った音になるとは限らないでしょうし。
    ほんとすごいです(^_^;)