キック(バスドラ)に重低音を加える方法

打ち込みでキック(バスドラ)のサンプルを鳴らした場合に、重低音を加える方法を紹介します。

まず、キックに重低音を加える必要があるのは以下のような場合です。

  • 重低音感が足りない
  • 重低音はあるけどピッチが違う
  • 重低音の余韻の長さが足りない

これらについては、サンプルに元々ある重低音を削って、新たに加えることで解決できるので、その方法を紹介します。

サンプルに元々ある重低音を削る

まず最初に波形編集でサンプルの重低音を削ります。これは後ほどサンプラーのエンベロープで切っても良いのですが、わかりやすく波形エディットします。

例としてエディットするサンプルの波形はこんな感じです。

キック 低音

長さは320msecです。もう少し長い余韻が欲しいので、新たに重低音を付け加えましょう。

ではサンプルの重低音部分をカットして、アタックの部分のみにします。

キック 低音

重低音はだいたいサイン波に近い形になっているので、見ればすぐわかります。

で、カットするとアタックだけになりこうなりました。

キック 重低音

Ultrabeatで重低音を付け加える

次に、先ほどのアタックだけを残したサンプルに新たに重低音を加えます。

ここで使うのがLogic Pro付属のUltrabeat

ultrabeat

まずキックをアサインするノートを選びます。で、そのOSC2をサンプルモードにして、先ほどエディットしたサンプルをロード。

ultrabeat キック

そしてボリューム・エンベロープを、envelope3にアサインします。

ultrabeat

これはサンプルをそのまま鳴らせばいいだけなので、sustinモードにしておきます。

 
次に、重低音のサイン波の設定をします。まずOSC1をオンに。

ultrabeat キック

必要であればsaturationパラメータをほんの少し上げてもいいかも知れません。「ブーン」という音になります。

次にピッチとボリュームのエンベロープを設定。両方ともenvelope2にアサインし、だいたい下の画像のような感じにします。

ultrabeat キック

ピッチに関しては曲に合った重低音が鳴るように設定してください。音程が付いて良いならピッチ・エンベロープはアサインしなくても大丈夫です。

このサイン波の重低音と、先程のサンプルが混ざって一つの音になるので、音量バランスについては両者のvolの値で調節します。

で、envelope2についてはこんな感じのカーブにしました。

ultrabeat

アタック部分でサンプルと重ならないよう、少し遅れて鳴るようにすると良いです(30~40msec前後くらい?)。

これで音は完成!

出来上がった音を聴いてみる

では、重低音を新たに付け加えた音を聴いてみます。こうなりました(重低音がしっかり鳴る機器で聴くことをオススメします)。

 
余韻で長く「ウーン」と鳴ってるのがわかるかと思います。スペアナで見ても重低音が出てるのがわかります。

SShot 2018 11 02 21 35 53

そして波形はこんな感じ。

キック 重低音

長さは550msecとなり、重低音の余韻を長くする事ができました。

音作りの参考になれば幸いです。

 
Mitchie M のコメント:

 

重低音が鳴ってると気持ち良いです!

 

▼ その他のDAW関連記事

Logic Proで制作した曲をオーディオファイルに書き出すバウンス機能。これを使って楽曲の最終的な書き出し(ミックスダウン)をする際に、自...
Logic Proに付属してるステレオイメージ系エフェクト「Stereo Spread」。このエフェクターの活用方法を紹介したいと思います。...
今回はボーカルをミックスする際のエフェクトの挿し方を紹介したいと思います。 自分はボカロ曲制作がメインなので、ボカロに合わせたセティングで紹...
前回、Sonnox「VoxDoubler」を紹介したので、同社のOxfordプラグインを紹介したいと思います。 自分はミックスでは主にLog...
最近、コーラスで使用するダブラーエフェクトは、Sonnox「VoxDoubler」というのを挿してます。 ▶︎ Sonnox | VoxDo...

【著者:Mitchie M @_MitchieM

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ