『iZotope Vinyl』はアナログレコードのノイズを生成するフリープラグイン。結構便利!

自分の楽曲では、時々アナログレコードのプチプチしたノイズ音を使用します。例えば『好き!雪!本気マジック』の冒頭ではまさにそれが聴けますね。

それをどうやって鳴らしていたかというと、今までだとアナログレコードのノイズサンプルをループして使ってました。

けどこれだと曲に合うかはサンプル次第なのですよね・・・。例えば「もう少しプチプチ鳴ってほしいなぁ」という時には調整ができないのです。

そこで最近、それに代わるプラグインを発見しました!iZotopeの『Vinyl』です!

iZotope Vinyl: Free Vinyl Simulator Plug-in | Free AAX, VST, AU Plug-in

 

これはアナログレコードのノイズに特化したプラグインなので、ローファイ好きな人にはかなり使えるのではないでしょうか?

ちなみに、Vinylはフリーウェアなので、料金はかかりません(ただアカウントの登録は必要かも)。

GUIは下の画像のような感じになっていて、ノイズを細かく調節できます。

iZotope Vinyl

で、これが結構マニアックな作りでして、音質をシミュレートする年代や、レコードの回転数まで選べるという!(右下のグレーのつまみ)

あと、フェーターになっている部分は、各ノイズの音量です。

例えばプチプチ鳴らしたい場合は、埃によるノイズを再現した「ダスト」を上げれば良いですし、電気的な「ブーン」というノイズは「ELECTRICAL NOISE」を上げればいいわけです。

ダストノイズ(DUST)とスクラッチノイズ(SCRATCH)は「AMOUNT」つまみによって、出現頻度を調整することも可能です。

「WARP」というのはピッチの揺れです。「WARP MODEL」と「WARP DEPTH」のパラメータで、アナログレコード特有の音の不安定さを調節できます。

最後に

こんな感じで、相当自由なアナログレコードのノイズ作りができます。なので、これでもうレコードノイズのサンプルは集めなくても、『Vinyl』だけで大丈夫かなと思いますね。

レコードノイズをまったく使わない人は一切出番がないと思いますが、個人的には時々使うのでこれは重宝しそうです!

ちなみに、オーソライズはiLokをサポートしてないのでご注意を。

 
Mitchie M のコメント:

 

iZotopeやるなぁ!

 

【著者:Mitchie M @_MitchieM

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ

コメント

  1. 夢幻キリコ より:

    おお~っ!
    今回のお話はすごくよくわかりました^^
    全部理解できたし^^
    「好き!雪!~」の最初のノイズ、わかります^^
    でもそういうノイズのソフトがあるのがすごいです。
    そしてさらに、Mirchieさんがレコードノイズを録音してループして使っていたという、ある意味アナログな方法を使っていたことにもびっくりです><
    みなさん苦労なさってるんですねぇ。
    そういえばボカロのブレス音ってどうやってるんでしょう?
    あれも専用ソフトなんですか?

    • Mitchie M Mitchie M より:

      テクノロジーが発展して高音質になると、逆にこういうアナログなノイズの需要が出てくるという。(^^;)
      ブレス音は元々素材が収録されてます。