打ち込みでフォルテピアノクレッシェンドのロングトーンを綺麗に鳴らす方法

特にブラスの打ち込みでは必須とも言える奏法の「フォルテピアノクレッシェンド」。

擬音で表現すると「ファーァァアアン」ってやつです。

ブラスに限らずですが、ロングトーンをこの奏法を打ち込むと、だいぶ生っぽくなります。

そこで、自分がやってる「フォルテピアノクレッシェンド」の打ち込み方法を紹介したいと思います。

1. ボリュームを使う方法

まず初歩的な方法ですが、ボリュームのみを使った「フォルテピアノクレッシェンド」の打ち込み方です。

自分が打ち込む場合はこんなカーブを書いてます。

フォルテピアノクレッシェンド 打ち込み

音量変化の大きさやカーブの具合は、音源や曲調によって変わってきます。なので、ここでは大体の形状を抑えておければ良いかと思います。

ポイントとしては

  • フォルテからピアノへは速く音量を落とす
  • ピアノからクレッシェンドは、ピアノの音量の「溜め」を長く作って、後半から終りにかけて音量の変化を大きくする
  • 頭の音量は終りの音量よりも少し小さくする(音源のアタック感にもよる)

といったところです。

音源の音の傾向にもよるのですが、まずこの形をイメージして打ち込んで、細かく調整していくと良いでしょう。

2. ボリュームとフィルターを使う方法

上記のボリュームのみの方法だと、音質に変化がないので、どうしても打ち込みっぽさが出てしまいます。

そこで、ローパスフィルターも使って音質の変化もシミュレートします。

まずは音源のフィルターをオン。

フォルテピアノクレッシェンド

フィルターのスロープは-12dBか、-18dBが良いかと思います。レゾナンスは0。

で、フィルターのカットオフのカーブ打ち込み方は、ボリュームのときと同じです。例えばこんな感じ。

フォルテピアノクレッシェンド 打ち込み

音の終わりはフィルターが全開になるようにします。

で、最後にボリュームで音量を微調整。

フォルテピアノクレッシェンド 打ち込み

手順としては、最初はボリュームはフラットのままでカットオフを打ち込み、最後にボリュームで音量感を整えると良いでしょう。

単純なロングトーンのサンプルでも、フィルターを組み合わせると結構良い感じになります。なので面倒くさがらず、フィルターとボリュームの両方を打ち込むことをオススメします。

3. その他

音源によっては、コントロールチェンジを使って、ロングトーンの強弱の音質を調節できるものがあります。

例えば自分が愛用している「VIENNA INSTRUMENTS」では「ベロシティ・クロスフェード」という機能が付いていて、音の強弱の違うサンプルを、コントロールチェンジを使ってスムーズに変化させることができます。

こういった機能を備えている音源であれば、フォルテピアノクレッシェンドもかなりリアルに鳴らせます。

でも変化のカーブの書き方は、基本的にはほぼ上記のものと同じです。

最後に

あと最後に注意ですが、トラックにコンプをかけている場合、音源の「エクスプレッション」でフォルテピアノクレッシェンドの音量変化を打ち込むと、コンプで音量が変わってしまいます。なので、音量の変化はトラックのボリュームで付けた方が良いです。

 
自分のイメージしているカーブが書けるよう、生の演奏を聴くのも大事です。音楽をたくさん聴きましょう。

 
Mitchie M の最後に一言:

 

フォルテピアノクレッシェンドのカーブは色々な楽器で応用できるよ。

 

▼ 打ち込み関連のこんな記事も書いてます。

今回は自分が打ち込みで曲を作る時に、「どうやって作り始めているのか」を書きたいと思います。曲の作り方は人それぞれなので、参考程度にして頂けた...

【著者:Mitchie M @_MitchieM

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ

コメント

  1. 夢幻キリコ より:

    Mitchieさんの調声技術は間違いなく日本一だと思うのですが、音作りにもこだわりがあるんですね。
    あたりまえですが(^_^;)
    Mitchieさんのすごいところは、ボカロの調声にしろ音作りにしろ、“完成形”がわかっていて作っているところだなって思います。
    数多のPさんたちが手探りであーでもないこーでもないと試行錯誤暗中模索五里霧中しているところを、目的地が明確にわかって突き進んでる感じです(*^_^*)
    卓越した技術力に裏打ちされたイメージ力とでも言いましょうか。
    だからMitchieさんのことは心から尊敬してるんです^^

    • Mitchie M Mitchie M より:

      お褒めの言葉頂けて恐縮です!
      まぁ結構仕事の数もこなしてるので・・・。(^^;)
      マニアックなネタですが、需要があれば今後も記事にして行きたいですね。