Finaleでドラム譜を作成する方法

finale ドラム譜

譜面ワープロの定番ソフト「Finale」。これでバンド・スコア形態のドラム譜を試しに作ってみたので、記事にしたいと思います。

ドラム譜の作り方

ドラムは他の楽器と違って、記譜の仕方が少々違います。けど最初の設定だけしてしまえば、あとは他の楽器と同じように打ち込めると思います。

ということで、まずはスコア・マネージャーを開きます。ここでドラム・パートにドラムの音源を設定。記譜スタイルに「パーカッション」を選択します。

Finale drum スコアマネージャー

説明を簡単にするため、ここでは内蔵音源を使います。

符頭の設定

まずは、各楽器の符頭を設定します。

記譜スタイル「パーカッション」の横の設定ボタンを押すと、パーカッション・レイアウトの選択画面が開きます。

finale ドラム

ここで「Drum Set」を選んで編集をクリック。パーカッション・レイアウト設計の画面が開くので、ここで符頭を設定します。

パーカッションレイアウト設計

まずは楽器タイプから「Crash Cymbal」を選択。右下の黒玉、2分音符、全音符、倍全音符の符頭を選びます。

各項目の「選択」をクリックすると、キャラクタの選択画面が開き、符頭の種類が表示されます。

finale ドラム

Crashはひし形の符頭を使いましょうか。

それぞれの音価の音符に対して設定すると、下の画像のようになり、どの高さに記譜するかは、「五線上の位置」の数字を変えるか、符頭の横の四角いマークをドラッグして設定します。

finale ドラム

他の楽器タイプも同様に設定して行きます。リムショットは丸の中に×印のを使いましょうか。

finale リムショット

楽譜に打ち込む

で、全部設定したら楽譜に打ち込んで行きます。まず、バスドラは問題なく書けるでしょう。

finale ドラム譜

符尾は下向きなので、打ち込んだら音符を選択して「L」キーで符尾の向きを変えることができます。

あと休符の位置は下になるので、休符を選択してカーソルキーの↓で移動できます。

続いてハイハット、スネアなど符尾が上むきの楽器を打ち込みます。現状ではバスドラが既にあるので、重ねて表示するためのレイヤーを使います。メイン・ウィンドウ左下のレイヤー選択で、「レイヤー2」を選びます。

finale レイヤー

で、このレイヤーにクラッシュとハイハットを入力。

finale ドラム

音符を置く際に、Closed HiHatなどの楽器名が表示されるので、入力したい音に合わせて打ち込んでください。

で、アーティキュレーション・ツールで音符の上に記号が必要なら入力。

finale ドラム

とりあえずこんな感じで。

次にスネアやタムを入力。これは特に問題ないかと。ハイハットと同時になる部分は和音的な表記になります。

finale ドラム

休符を置きたい場合は、入力した後でカーソルキーの↑で高さを調節します。

 
あと、表記で困るのはゴーストノートですかね。ゴーストノートはアーティキュレーション・ツールで音符にカッコを付けるのが良いと思います。

とりあえず下の図のように16分裏にスネアを打ち込みます。

finale ドラム

で、アーティキュレーション・ツールを選択。

finale

ゴーストノートにしたい音符をクリックすると、アーティキュレーション選択ウィンドウが開きます。

finale ドラム

ここでカッコを選択し、もう一度アーティキュレーション選択でカッコ閉じを選択すると、ゴーストノートの表記ができます。

finale ドラム

こんな感じで打ち込んで行けば、基本的なことは記譜できるでしょう。

MAKE MUSIC ( メイクミュージック ) / Finale 25 ガイドブック付属

▶︎ SOUNDHOUSE:MAKE MUSIC ( メイクミュージック ) / Finale 25 ガイドブック付属

 
【著者:Mitchie M @_MitchieM

▼ その他のFinale関連記事

今回は譜面ワープロの定番「Finale」でハープのグリッサンドを記譜する方法を紹介します。 まず、ハープのグリッサンドの譜面というと、表記法...
譜面ワープロの定番ソフト「Finale」。このアプリでの、五線をまたいで音符を記譜する方法について解説したいと思います。 MakeM...
譜面ワープロの定番ソフト「Finale」。  このソフトには、MIDIデバイス/VSTバンクを使用して譜面の音を鳴らすことができます。 が...
楽譜作成ソフトウェアの最高峰としてプロの音楽家に愛用され、人気を二分してる、Make Musicの「Finale」と、Avidの「Sib...
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ