RXL SLのフルカーボン・フラットバーがめちゃくちゃ軽くてコスパ良好!

メリクリ!(^o^)/

ということでクリスマスイヴの今日、注文していたCARACLE-S用のフルカーボン・フラットバーが届いたので、そのレビュー記事を書きたいと思います。

その商品がこちら。RXL SLというメーカーのフルカーボンMTBフラットハンドルバーです!

クランプ系はCARACLE-S用なので、25.4mm。バーの長さは480mmから660mmまで、20mmおきののサイズが選べて便利です。自分は500mmを選択。

ってか最近のカーボン製品って安いのですね。値段は3,099円でした(2017年12月24日現在)。

自分がbd-1で使ってる、軽量パーツで有名なKCNCのスカンジウム合金のハンドルバーでさえ、100グラム切らずに1万円くらいしましたからね。これはコスパ良さそうで期待です!

そして、到着した商品がこちら。

RXL SL カーボン フラットバー

第一印象としては、とにかく手に持った時の重量に驚きました!「これ厚紙でできてるんじゃないか?」というほど軽かったです(笑)。Amazonのページには「重さ:100 – 125g」と書いてあったのですが・・・。

で、実際に計ってみると、重量はなんとわずか73グラムでした!

RXL SL カーボン・フラットバー

ちなみに、CARACLE-S標準装備のアルミ製フラットバーが520mmで193グラムです。それと比べると、このカーボン・フラットバーがいかに軽いかがわかるかと思います。

カーボン製品だと、パーツを固定した時の滑りや、その際の締め付け過ぎに注意しないといけません。が、この製品はハンドル中央部が固定した際に滑らないよう、ザラザラした処理がしてありました。

RXL SL カーボン フラットバー

CARACLE-Sは折りたたみの際にハンドルの向きを変えたり、クイックリリースで固定するので、これはありがたいですね!

けど、ブレーキレバーやシフターを装着する際は、固定部分に滑り止めを塗った方が安心かと思います。自分はFINISH LINEの「ファイバーグリップ」を少々塗って装着しました。

FINISH LINE ファイバーグリップ

あと難点なのは、バーの肉厚がアルミに比べ薄いので、標準のエンドキャップはゆるくて付けられないことかな・・・。

そして、CARACLE-Sに装着したらこのようになりました。

RXL SL カーボン フラットバー caracle-s

バックスイープの角度も標準装備のものと特に変わらないので、違和感はありません。まだ走ってないのですが、カーボンのしなやかさによる衝撃吸収性が期待できます。あと心配なのはパーツの耐久性ですね・・・。

とりあえず車体の重量が軽くなったので良かったです!

caracle-s 重量

交換後は9.85kgになりました!(ペダルレス)

 
Mitchie M のコメント:

 

CARACLE-Sのカーボンフレームとかいつか出ますかね?(^^;)

 

▼ CARACLE-S関連の記事

つい最近、CARACLE-S 2017年モデル専用の軽量ハンドルポスト固定プラグが発売されたので、早速注文して取り付けてみました。その記事を...
折りたたみ自転車「CARACLE-S」で輪行する場合、専用の輪行袋(トレバッグ)が販売されてるので、それに収納して持ち運びます。 ▶︎ ト...
折りたたみ自転車「CARACLE-S(カラクル・エス)」の予約時に、一緒にオプションの専用輪行袋(トレバッグ)も注文しました。 ▶︎ トレ...
先月、折りたたみ自転車「CARACLE-S」のトレバッグ(輪行袋)用キャスターを、狐塚自転車工房さんに注文して取り寄せてもらいました。 ...
折りたたみ自転車のCARACLE-Sには、折りたたみ時にその状態が固定できるよう、マグネットが付いてます。 マグネットの片方はフロントフ...
愛用している折りたたみ自転車のCARACLE-Sは、折りたたみ時にハンドルバーが内側に来るため、ブレーキレバーと他のパーツが干渉しやすい傾向...

【著者:Mitchie M @_MitchieM

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ

コメント

  1. 夢幻キリコ より:

    すごい!
    色合いの高級感がすごいですね^^
    なのにそのお値段は間違いなくお買い得です。
    Mさんは買い物上手ですねぇ。
    いい奥さんになれますよw
    折りたたんだ時の状態も見てみたいです^^
    使用感も!
    ぜひ教えてくださいね。