RIDEA(リデア) CSV V-Brake CNC ショートアームVブレーキを使ってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

秋らしい気候に近づいてきたので、久々に自転車のパーツをアップグレードしてみました。

今回交換したパーツは、折りたたみ自転車BD-1のVブレーキです。

それをRIDEA  CSV V-Brake CNC という、軽量のショートアーム Vブレーキに変えてみました。

ということで、商品到着。

RIDEA(リデア) CSV V-Brake CNC ショートアームVブレーキ

パッケージがしっかりしてます。色は「チタン」を選択。

実は以前にこの商品の「シルバー」を買ったのですが、自分のBD-1の色と比較すると明るすぎたので、今回は「チタン」です!「シルバー」のは現在は後輪用ブレーキとして使ってます。

では商品を開封。

RIDEA(リデア) CSV V-Brake CNC ショートアームVブレーキ

おお!光沢感が素晴らしい!!

一点だけ気になったのがアームの固定用ボルトで、「シルバー」のは5mmアーレンキー用のボルトを使ってましたが、今回の「チタン」は4mmアーレンキー用になってました。仕様が変わったのでしょうか?

まぁブレーキケーブルの固定ネジで4mmアーレンキーを使うので、4mmで統一されたのは良いと思います!

ちなみに、固定ボルトは7075アルミ合金が使われてるので軽いです!細部まで軽量化されてます。

では恒例の重量測定。

RIDEA(リデア) CSV V-Brake CNC ショートアームVブレーキ

86グラムです!軽い!!ちなみに、アームと固定ボルトのみだと81グラムほどでした。

これでどれだけ軽量化されたか、比較のため今まで使っていたSHMANO CAPREOのVブレーキを計測してみます。

Shimano capreo vブレーキ 重量

127グラムです。結果としてアームのみで46グラム軽くなりました。それほど大きく軽量化はされません。(^^;)

けど、前後のブレーキをこれに交換すれば、100グラム近く軽くなりますし、軽いブレーキパッドを交換すれば、ほんの少し軽量化が可能です。

 
で、早速RIDEA CSV V-Brakeを装着して走ってみました。

RIDEA(リデア) CSV V-Brake

ブレーキの効きは問題ありません!ショートアームになったからといって、制動力が落ちた感じはそれほどしませんでした。

見た目的にもコンパクトになったので、個人的には気に入ってます!走るぞ〜!!

【著者:Mitchie M @_MitchieM

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ

コメント

  1. あゆみ より:

    お疲れ様です
    ツヤなしと光沢ありのパーツの組合せが
    良い感じですね、所有感は重要ですよね

    マジミラの日にスマホが壊れ、
    本日復旧し、まずこのサイトをチェック
    いつもの記事を見てなんか落着きました

  2. 夢幻キリコ より:

    おおっ!
    ほんとかっこいパーツですね。
    見えるところのパーツだけに、余計にテンションが上がりますね^^
    これは走りたくなりますね!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

facebookアカウントでコメント


Google+アカウントでコメント