[CYCLE MODE 2018] CARACLE-Sの後継モデルを見て来たのでレポート

2018年11月9日から3日間開催される、日本最大のスポーツバイクイベント「サイクルモード」。

そこに、CARACLE-Sを製造しているメーカー「CARACLE」が今年も出展しているので、CARACLE-Sの後継モデルを見て来ました。そのレポートを書こうと思います。

CARACLE-Sの後継モデルはこんな感じ(予定)

ということで、CARACLEのブースに到着しました。

caracle cycle mode

CARACLE-SとCOZは好評なようで、試乗車は常に出払ってる感じでしたね。

そして、こちらがコインロッカーにも入る折りたたみ自転車「CARACLE-S」。本当コンパクト!

caracle cycle mode

私も2016年モデルに乗ってます。

で、早速CARALE-Sの後継モデルを拝見。来春に出るかはまだ決定か分からなそうですが、こちらです。

caracle-s cycle mode

パッと見た感じではあまり変わりませんが、細かい部分が色々変更になってます。そして軽量化にも気を配ってるそうです。

まずはホイール。見ての通りスポークが少ない物になりました。スポークは空気入れの際に邪魔になるので少ない方が便利なのですよね。

そして今回一番大きな変更がリアサス。エアサスからエラストマー式に変わりました。

これによりスリムになった上、多少軽量化にもなるので良いと思います!

caracle-s 後継モデル

エアサスだと飛行機の荷物として預ける際に問題となることがあるらしく、それも踏まえてエラストマーにしたとか。

ちなみに、旧モデルにも装着可能とのことで、パーツ単体での販売開始が待たれますね。

caracle-s cycle mode

あと変わったのはハンドルバーとハンドルポストです。

caracle-s cycle mode

ハンドルバーの固定部分は少しスリムになった気がしました。ここは折り畳んだ時に干渉しやすいので、なるべくスリムな方が良いのですよね。

あと、ハンドルバーは少し軽い物になったとのこと。

caracle-s cycle mode

ハンドルポストは根元部分が溶接ではなくなり綺麗になりましたね。担当者さんのお話では、少し軽くなったそうですが、思ったより軽量化できなかったとのこと。(^^;)

あと、本体のフレームも少し軽くなったそうで、できる限り軽量化を追求する姿勢がうかがえました。

後継モデルを見た感想

やはり新モデルが出ると、旧モデルユーザーは悔しい思いをするものですが、今回の後継モデルを見た感じでは、「旧モデルユーザーにも気を配ったアップデート」という印象を受けました。

軽くなってるので、もちろんCARACLE-Sを買おうと思ってる人にはオススメですが、旧モデルユーザーもリアサスなどパーツに取り替えて、引き続き乗って楽しめるのではないかと思います。

そういうユーザーを大事にしている姿勢を感じたので、今後もCARACLEさんに期待してます!

(注意:後継モデルの詳細についてはあくまで”予定”とのことなので、ご了承ください)

 
Mitchie M のコメント:

 

個人的には担ぐの専用の軽量な輪行バッグが出て欲しいな。(^^;)

 

【著者:Mitchie M @_MitchieM】

▼ その他のCARACLE-S関連記事

私の乗ってる折り畳み自転車「CARACLE-S」は、ハンドル高が調整可能な「テレスコピックハンドルポスト」というのを使用してます。 ▶︎ テ...
メリクリ!(^o^)/ ということでクリスマスイヴの今日、注文していたCARACLE-S用のフルカーボン・フラットバーが届いたので、そのレ...
つい最近、CARACLE-S 2017年モデル専用の軽量ハンドルポスト固定プラグが発売されたので、早速注文して取り付けてみました。その記事を...
折りたたみ自転車「CARACLE-S」で輪行する場合、専用の輪行袋(トレバッグ)が販売されてるので、それに収納して持ち運びます。 ▶︎ ト...
折りたたみ自転車「CARACLE-S(カラクル・エス)」の予約時に、一緒にオプションの専用輪行袋(トレバッグ)も注文しました。 ▶︎ トレ...
先月、折りたたみ自転車「CARACLE-S」のトレバッグ(輪行袋)用キャスターを、狐塚自転車工房さんに注文して取り寄せてもらいました。 ...
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ