折りたたみ自転車CARACLE-Sの専用スタンドについて語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

自分は普段は自転車のスタンドは使用しないのですが、折りたたみ自転車CARACLE-Sを購入した時に、専用スタンドが付いてきたのでしばらく使ってました。

▶︎ 専用スタンド [CARACLE-S 2017用] | CARACLE

通常このスタンドはオプションです。やはり使ってみるとスタンドは便利ですね。写真撮影の際にかなり役立ちました。

ママチャリからスポーツ車に乗り換えたときに不便に感じるのが、スポーツ車にはスタンドがない事です。

なのでスポーツ車を駐輪する場合はどこかに立てかけるのですが、その場所がない時は少々困ります・・・。けどこれも慣れてしまうとそれほど面倒に感じないものです。(^^;)

 
そんなわけで、しばらくCARACLE-Sは専用スタンド付きで乗ってたのですが、やはり重量が気になってきたので外す事にしました。

下の写真は、その外した専用スタンドです。

caracle-s 専用スタンド

アルミニウム合金のしっかりした造りになってます。ちなみに、裏側はこんな感じ。

caracle-s 専用スタンド

足の長さを調節できるようになってます。これ、何のためにあるのかと思ったら、CARACLE-Sのタイヤ径を変えたとき用だそうです。そこまで考えてくれてるのですね。

ただし少々重量があります。実測で317グラムでした(固定ボルト込み)。

caracle-s 専用スタンド

なので、街乗りならスタンドはあった方が便利ですが、ヒルクライムする時は軽さ優先で外した方が良さそうですね。

あとこのスタンドは装着時に自転車を折りたたんでも、CARACLE-Sの売りである「コンパクトな折りたたみサイズ」には影響しないように設計されてます。

caracle-s 専用スタンド

この状態で専用輪行バッグに収納可能。

あと気になった事が一点。スタンドはフレームの内側から固定するようになってます。

caracle-s 専用スタンド

このため、スタンドの取り外しが多少面倒です。タイヤを外さないと固定ボルトを回しにくいですね。

で、調べてみたところ、2015年と2016年モデルはフレームの外側から固定できたようです。けど、ペダリングのときにスタンドが足に当たる場合があるようで、内側に変更されたみたいですね。

なので頻繁にスタンドを付けたり外したりしようと考えている人は注意してください。

 
ということで、スタンドを外したら自転車の総重量が少し軽くなりました!

 
Mitchie M のコメント:

 

あと、専用スタンドの安定感はかなり良いですよ!

 

▼ その他の自転車関連の記事

CARACLE-S vs bd-1 折りたたみ対決
おりたたみ自転車のCARACLE-Sといえば、BROMPTONと比較されることが多いのです。 が、自分はbd-1を所有しているので、ここでC...
CARACLE-Sのチェーンリングを交換 [LitePro 7075T6 45T]
折りたたみ自転車「CARACLE-S」にはデフォルトで、SHIMANOのSORAグレード「FC-R350」というクランクセットが付いています...
着脱式ペダルシステム(自転車用)4種類を紹介 [Wellgo 三ヶ島]
先日の記事で、折りたたみ自転車「CARACLE-S」用にWellgoの「W-1 QRD2」という着脱式ビンディングペダルを導入したことを書き...
Wellgo W-01 QRD2 着脱式ビンディングペダル(両面)を使ってみた
最近愛用している折りたたみ自転車「CARACLE-S」用に、 着脱式のビンディングペダルを導入しました。Wellgo(ウェルゴ)の「 W-0...
CARACLE-Sのサドル交換とパーツの重量計測
折りたたみ自転車のCARACLE-S(スポーツパッケージ)には、標準でVELOの軽量スポーツサドルが付いてます。 で、家に以前BD-1用...
CARACLE-Sのスプロケットを交換。歯数を大きくして激坂が登りやすくなった!
先月購入した、折りたたみ寸法が世界最小(14インチ以上の実用車中)の自転車「CARACLE-S(カラクル・エス)」。 街乗りや平地なら標準装...

【著者:Mitchie M @_MitchieM

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ

コメント

  1. 夢幻キリコ より:

    確かに街乗りにはスタンドは必要ですよね。
    使用目的に応じてカスタマイズできるのも、こういう自転車のいいところですよね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

facebookアカウントでコメント


Google+アカウントでコメント