CARACLE-Sの折りたたみ固定マグネットを外したら意外と良かった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

折りたたみ自転車のCARACLE-Sには、折りたたみ時にその状態が固定できるよう、マグネットが付いてます。

マグネットの片方はフロントフォークに、もう片方はリアディレーラーの上に付いており、折りたたむと両方がくっつく仕組みです。以下の写真のような感じです。

で、折りたたむとマグネットがガッチリ固定。ちなみに固定解除はレバーを動かすだけです。

いつ見ても素晴らしいCRACLE-Sの折りたたみフォーム。

と、このように便利なマグネットではあるのですが、今回軽量化のために取り外してみました。

「マグネットがないと折りたたみの固定が不便じゃないの?」と思うかも知れませんが、意外とそうでもなかったので、以下にその感想を書きたいと思います。

 
まず、その取り外したマグネットの重量を計測してみます。

caracle-s マグネット

79グラムありました。100グラムないとはいえ、個人的には79グラムの軽量化は結構大きいです!

で、折りたたみ時の固定はどうするかというと、100均で売ってるケーブル結束用のワンタッチバンドを使いました。

ワンタッチバンド

適当な長さに切って、これでタイヤ同士を固定。

caracle-s

ただ、これをやると折りたたんだ状態で自転車を転がせなくなります。けど自分が今までCARACLE-Sで何度か輪行した結果、折りたたんで転がす場面はありませんでした。(^^;)

輪行袋に入れてるか自転車に乗ってるかのどちらかなので、折りたたみ時はタイヤは固定しちゃって個人的には問題ありません。

あと、実際に輪行時の収納作業でも、バンドでの固定は全然面倒ではなかったので、軽量化目的ならマグネットは外しても支障ないかなと。

さらにマグネットを外しての他のメリットもありました。マグネットがないと更に深く折りたためるので、折りたたみ寸法の横幅が小さくなりました!これにより、輪行袋に収納するのが少し楽になりましたね。

最後にマグネットを外した場合の注意点を。マグネットがないとハンドルとフロントフォークが当たり、フォークが傷付く場合があります。なのでその時はフロントフォークを保護する物を装着する必要があるので気をつけてください。

 
Mitchie M のコメント:

 

ようやく自転車の重量がペダルレスで10kgを切った!

 

▼ その他のCARACLE-S関連の記事

CARACLE-Sのブレーキレバー交換で折りたたみ時の干渉問題を少なくする
愛用している折りたたみ自転車のCARACLE-Sは、折りたたみ時にハンドルバーが内側に来るため、ブレーキレバーと他のパーツが干渉しやすい傾向...
「サイクルモード2017」のCARACLEのブースを見てきた!
本日(2017年11月5日)に、日本最大級のスポーツ自転車フェス「サイクルモード2017」に行って来ました! そこで愛用してる自転車「CA...
CARACLE-Sのハンドル周りのパーツ重量を調べてみた
折りたたみ自転車CARACLE-Sのハンドル周りの重量を調べてみたので、メモ代わりに記事に書いておきたいと思います。まずはメインのハンドルバ...
フロント74mmの軽量クイックリリース、RIDEA「HQR-2D Ti」のレビュー
先日、折りたたみ自転車のCARACLE-Sには、通常のフロントエンド幅100mmのクイックリリースが使えない事を知りました。  そこでCA...
CARACLE-Sのフロントハブのエンド幅は74mm
最近、折りたたみ自転車「CARACLE-S」のクイックリリースを交換しようとしました。 で、手持ちのものに変えてみたのですが、フロントのクイ...
折りたたみ自転車CARACLE-Sの専用スタンドについて語る
自分は普段は自転車のスタンドは使用しないのですが、折りたたみ自転車CARACLE-Sを購入した時に、専用スタンドが付いてきたのでしばらく使っ...

【著者:Mitchie M @_MitchieM】

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンクと関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

facebookアカウントでコメント


Google+アカウントでコメント